2018/1/30 会長の時間

2018/1/30 会長の時間

本日は新年笑談会です。親睦活動委員会の皆様、進行をよろしくお願い致します。
さて、今週は雑誌「選択」より『不養生のすすめ』の記事についてです。アルコールの種類で酔い方は変わるのかというテーマです。基本的には飲んだアルコールの量によるとされていますが、約30,000人にお酒の種類と酔い方のアンケートを取り、お手元の資料のようなグラフができあがったようです。
赤ワインとビールでは「疲れる(≒ねむい)」「リラックス」が多く、蒸留酒(ウイスキー、焼酎など)では、「エネルギッシュ」「自信」「挑発的」といった傾向がみられるようです。皆さんは感じられたことがあるでしょうか?
そしてワインをめぐって、フランスの免疫学者パスツールは『ワインはもっとも健康的で、衛生的な飲み物である』と名言を残しました。当時ワインは時間がたつと酸化し、風味が早く損なわれることが問題だったのですが、パスツールは低温殺菌を発明し、ワインの普及発展に大きく寄与したのです。
また、『偉大な人は「目標」を持ち、そうでない人は「願望」を持つ。準備を怠るものには、チャンスは決して訪れない。目標を達成できた秘訣を教えよう。それはね、絶対に諦めないことだよ。科学と平和が、無知と戦争に勝利することを、私は確信している』との言葉も残しています。
経営者も「目標をもって、準備を怠らず、諦めず」という気持ちで事業に取り組むことが肝要ではないかと思うのであります。